流行語 打工人

中国語流行語

「打工人」(da3gong1ren2)とは?

「打工人」は、もともと「打工」から来た言葉です。「打工」は、仕事をするという意味であり、「打工人」は当然、働く人たちを指す。

中国では80年代、90年代から、すでに「打工仔」(勤労男子)、「打工妹」(勤労女子)という言い方があったが、多くはブルーカラーつまり体力仕事に就く人や単純作業をする人を指すものだった。

しかし、2020年の流行語となった「打工人」は、普通のホワイトカラーが、自分たちの仕事が辛く、早朝から夜遅くまで働いてもわずかな給料しか手に出来ないことを自嘲して使う表現になった。

多くの「打工人」がネット上にユーモアを込めて「打工人」語録を書き込み、それを見た人々は、笑みを浮かべる一方、生きることは楽ではないと深く感じ入らずにはいられないのだ。

だが、「打工人」たちは、依然として人生での負けを意地でも認めないという態度と、運命を変えたいという強い思いを持っているようだ。

「打工人」語録

爱情不是生活的全部,打工才是。早安,打工人。(愛は生活の全てではない、仕事こそすべてだ。早く起きろ、働く君。)

打工可能会少活十年,但不打工我一天也活不下去。(働くことで、人生が十年は短くなるかもしれないが、働かなかったら、一日だって生きていけない。)

累吗,累就对了,舒服是留给有钱人的,早安,打工人。(疲れたかい?疲れていて正しいんだ。快適さは金のある人のものさ。はよ起きろ、勤労者。)

只要我够努力,老板就一定能过上他想要的生活,早安,打工人。(私が十分に頑張れば、社長はきっとほしいままの生活を送れるんだ。おはよう、勤め人。)

音声

コメント

タイトルとURLをコピーしました